タイムマネジメントによるメリット・デメリット

・タイムマネジメントに興味はあるが、その前にメリット・デメリットを把握しておきたい…
・タイムマネジメントにより従業員のモチベーションが下がるのでは?
・タイムマネジメントを行うことで効率化できる?生産性は本当にあがるの?

こんなお悩みをお持ちの方へ、タイムマネジメントとは何か、メリット・デメリット、実際に使ってみた結果、
おすすめツールを紹介していきます。

タイムマネジメントのメリット・デメリットや「本当に効果があるのか」どうか興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイムマネジメントとは
タイムマネジメントのメリット
タイムマネジメントのデメリット
おすすめツール


タイムマネジメントとは
タイムマネジメントは、時間の使い方を見直すことで、業務の改善・効率化を目指していく考え方の1つです。
近年、ルーティン作業が減る一方で、情報技術や社会の発展により、今までになかった業務の出現やリモートワーク促進による従業員の社外活動増加に伴う業務が増加しています。業務効率化のために適切なタイムマネジメントの考え方が注目されています。

タイムマネジメントのメリット
・業務の適切なマネジメント
タイムマネジメントを行うことにより、業務を洗い出すことにつながります。洗い出すことにより、人材確保に向けた業務の見直しや採算案件不採算案件ごとの社員の動き、業務の属人化を防ぐことができます。

・業務に対する時間意識
従業員も、業務を始める時に時間を意識することで、業務の優先順位をつけたり、目標設定をしやすくなるため
仕事の処理能力も上がりやすくなります。

・時間の捻出で新しいことや改善・改革などに使える
中長期的に考えた場合、今までの業務の改善点や、業務の必要かどうかの判断なども捻出した時間で考えることができます。全体として考えることができれば、組織運営もよりスムーズなものになります。

タイムマネジメントのデメリット

・ユーザーの手間が増える
今まで行ってこなかったことなので、ユーザーの手間は増えます。ユーザーによってはストレスに感じたり、監視されていると感じる場合もあるので、しっかりと導入意義をを浸透させることもポイントです。

・「タイムマネジメント」を目的にしない
いわゆる、手段の目的化にならないように気をつけましょう。「タイムマネジメント」を行い、何をしたいのか目的を決めておきましょう。目的を決めずに運用してしまうと、せっかく導入したタイムマネジメントも意味を為さなくなってしまいます。

便利なツール

・Toggl
シンプルなUIと使いやすさが評判です。
外部連携もかなり豊富でチャットツールやタスク管理ツールと連携しながら
時間管理も同時に行えます。
Toggl:https://toggl.com/

・Timecrowed
Chromeの拡張機能で外部ツールとの連携が可能です。
単価計算機能などもあるので各タスクに対して損益計算も可能です。
Time Crowd:https://timecrowd.net/

・TaskTimeTap
ワンタッチ、ワンクリックでタスクの登録・切り替えが可能です。
チーム利用でも3ヵ月まで無料なのでが嬉しい。

「誰が」「いつまで」「何を」したかを把握することで
人数と金額に見合った適切な業務管理や人材確保に向けた業務量の見直し
次の改善策に向けた業務データの記録管理などに活用していきましょう。

TaskTimeTaphttps://ttt.sunnygem.co.jp/tasktimetap

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL